包茎と血縁者による遺伝

包茎と血縁者による遺伝

私たちは理科の実験で、動物や植物の遺伝について学びます。
親の特徴を子が受け継ぐ、自然界では当然の事例であり、ヒトもまた様々な形で親戚や血縁者の特徴を引き継ぎます。
一世代ではあまり遺伝が分からなくても、祖父と孫の身体的特徴が似る等の隔世遺伝は想像以上に多いです。
ただ、体格や顔の雰囲気等は遺伝が多い分野ですが、包茎が血縁者の間で遺伝するケースは稀有になります。
そのため、親戚の中に包茎が多かったとしても、特段気に病む必要はありません。

しかし、両親が息子に対して包皮を剥くアドバイスをまるでしない家系だった場合、遺伝的な要素とは別に教育的な風土により、包茎が血縁者の間で増えます。
親や男兄弟に包茎が多いと、その弟や息子、従兄弟は包茎になりがちです。

いわゆる第二次性徴期の時期から、包皮を剥く事や亀頭を清潔に保つ訓練をしておかないと、成人を向かえてから、下半身の問題でお悩みを抱える事でしょう。

包皮はまだ第二次性徴期の途中段階であれば、痛みや苦痛が伴うものの、自力で剥く事が可能です。
特に日本人男性の多くが、今では皮被りのまま成人を向かえており、性交や自慰にコンプレックスを持っています。

性教育の文化が希薄化した今日ですが、親戚や両親の方はそれとなく思春期の子どもたちに指導する必要があります。

包茎手術・包茎治療を長野市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ