子どもたちが包茎の悩みを将来抱えないために

子どもたちが包茎の悩みを将来抱えないために

大人の体と子どもの体は、たとえ同性だったとしても全くの別物です。

男子であれば生まれながら陰茎と睾丸がある等、性別的な特徴は同じですが、少年期の間は女の子との身体的な区別が特にありません。

俗に言うところの思春期を向かえる頃に、ようやく男女の性差が顕在化します。
男子であれば筋肉質な体つきと変化し、胸板や喉仏、骨格全体が大きく成長します。
そして下半身にも変化が生じ、子どもの頃に見られた柔らかいままのペニスではなくなります。

性的な映像や画像を見る事で、思春期を迎えた子どもたちも勃起をします。
初めて勃起や射精を経験する男子は、性機能のメカニズムを理解しておらず、病気や奇妙な出来事に遭遇したとパニックを起こす事がありますので、保護者や学校による性教育が大事です。

また思春期の頃に、自慰を経験していないと、成人後も包茎の状態が続く恐れがあります。
成人後、包茎のお悩みを抱えないためにも、保護者などは自慰を無闇にやめさせてはいけません。

お風呂で包皮を剥く練習、自慰の際は亀頭を露出させる等、正しい性知識を与えるように気を配りましょう。

思春期の定義は若干曖昧ですが、中学生から高校生の間を指す事が多く、息子さんの将来の包茎リスクを回避したい場合は、その間のアドバイスが重要になるでしょう。

包茎手術・包茎治療を長野市でするならココがお勧め!評判・口コミへ



 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ